コンテの引き出し

日記は引き出しから見つかるもの。

夫に自分から子育てに参加してほしい話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

夫にもっと積極的に育児参加してほしい。

夫に自分から子育てに関わってほしい。

 

そう思っている方、たくさんいると思います。私もずっと思ってます。

思ってるんですが、そもそもどうしてそう思うのか。自分なりの考えをまとめたので書きます。

(自分が妻側なので、夫に、と書いてます。気になる方はパートナーに、と読み替えてください。)

 

この話って、”もっと育児に参加してほしい”の部分と”自分から積極的に”の部分に分かれるんじゃないかと思うんです。

もっと”育児に参加”してほしい

”もっと育児に参加してほしい”の部分は、”私にばっかりタスクが偏っててずるい”みたいな気持ちから来ている気がします。

専業主婦だったり育休中だったりすれば、自然とそちらに子育てタスクは偏ります。それは当然です。

が、休日であったり仕事から帰ってきてからであったり、今ならあなたも出来るよね?みたいな時に何もしてくれなかったりすると、ずるい、と思います。

共働きなら尚更、なんで私にばっかりタスク偏ってるの???と思いますよね。

例えば私の場合、こっちが休日の朝子供に付き合って早起きしてる横で寝たまま、という時に私だってもっと寝たい!ずるい!と思いますね。特に前日も休みだった場合。

 

でもこの部分だけだったら、これとこれはあなたの担当ね!とかすれば解決ということになります。

オムツ替えは全部夫が担当とか。育児タスクは全部やる代わりに家事タスクは全部やってねとか。日曜の朝はあなたが起きて子供の相手をしてねとか。

お互い納得の行くタスク配分に直せばいい、という解決になる。

 

”自分から積極的に”参加してほしい

それで解決しないのは、”自分から積極的に”の部分があるから。

実際にはタスク化できない部分が多いから、でもありますが、そのタスク化できない部分の偏りを解決するのもこの部分です。

こちらは”私ばっかり考えててずるい”という気持ちから来ている気がします。つまり、”もっと当事者意識を持ってほしい”

タスクの量とはあんまり関係がありません。

二人の子供なんだから、二人で育てるべき。だから自分と同じくらい子供のことを考えてほしい。

そう思うのに、夫の態度や行動から”子供のことを考えてる”という気配が読み取れないから、ずるい、と思います。

 

そうすると夫側のタスクを増やしても、結局”言われたことしかやらない”とか”仕方なくやってる”と思ってしまいます。

そうじゃなくて、”育児を手伝う”のじゃなくて”自分が育児をする”という当事者意識を持ってほしい。もっと子供のことを考えてほしい。その為にはもっと子供に関わってもらわないといけない

だから更に夫のタスクを増やそうとします。以下ループ。

夫からすれば、俺は俺なりに子供のこと考えてるのに!と思われるかもしれませんが。伝わってません。

 

当事者意識を持っている事を伝えるには

じゃあ夫はどうしたらいいのか。どうしてほしいのか。

これはとっても簡単です。

相手に言われる前に、子供の話題を出す。これだけ。

 

ほとんど子供と会えなかった日は「今日は◯◯(子供の名前)、どうだった?」と聞く。

一緒にいられる時は「今やることある?」、それから子供と遊ぶ。

 

これが出来ていれば、もっともっととタスクを増やされることは無いと思います。

何故かと言うと、ちゃんと子供のことを考えてくれている、当事者意識を持ってくれた、と妻に伝わるから。

そして、そうやって子供の話題で会話したり子供と接するうちに、「タスク化出来ない部分」の育児、”考える”を共有しているからです。

 

家事で食事を作る時に一番大変なのは、実際の料理ではなくて献立を決めること、といいます。

最近出した献立、冷蔵庫の中身、家族の好み、旬の食べ物、今日は何が安いか、など様々な要因を加味して決めるんですよね。

これを毎日って大変です。

そして要因を把握していない人に相談しても、冷蔵庫に半端な食材が増えたり材料費が予算を超えたりします。

 

育児にもたくさん考えて決めないといけない事があって、”考える”を共有するって、献立決めにおける要因を共有している、ということと同じだと思ってます。

要因を共有しているから、それぞれが考えられるしお互いに相談できる。

献立決めの負担を分散できたら、実際の料理はさほど難しくない。

作る回数が圧倒的に妻の方が多くても、二人でやっている認識があるから苦しくない。

そういう事ではないかな、と思います。

 

子供をめちゃくちゃ可愛がる余所のお父さんを見て、羨ましく思ったところからつらつら考えてたんですが、まとまったかなぁ。

ではまた。