コンテの引き出し

日記は引き出しから見つかるもの。

子供の上手な褒め方・叱り方の基本ルール

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こどもの上手な褒め方・叱り方 基本ルール

この記事では、子供を褒める・叱る時の基本的な考え方を書いています。

 

こんにちは。1歳男児育児中のコンテです。

 

子供に自我が芽生えてくると、褒めたい場面も叱らないといけない場面も増えてきますよね。

 

でも、褒めるのも叱るのも、いざやろうとすると難しい

 

「子供を沢山褒めたいけど、全部すごい!えらい!になってしまう」

 

「叱り方が分からなくて、うまい伝え方が分からない。結局、怒鳴ってしまう」

 

そんな悩みを解決する、保健師さんから教わった「上手な褒め方・叱り方」の基本ルールをまとめました。

 

このルールに沿って考えると、どう言えばいいのか迷った時に言うべき言葉が分かります

 

ルールはそれぞれ1つずつ。ぜひ読んで実践してください。

 

 

上手に褒める・叱るってどういうこと?

子供は褒めて伸ばす

よく聞きますし、私自身も沢山褒めて育てたいなと思っています。

 

でも、うまく褒めないと、親に褒められることを最大の目的とするようになってしまう、とも聞きます。

 

上手な褒め方とは、結果を出すことを促すのではなく、良い行動を促す褒め方、と考えると分かりやすいと思います。

 

また、ダメなことはダメ、と叱るのも大事。

 

でも怒鳴ったりするのは違う気がするし、どう言えばちゃんと伝わるのか。

 

上手な叱り方とは、子供に伝わる叱り方です。

 

上手な褒め方

効果的な褒め方の基本ルール

それは、良い行動に注目して褒めること。

 

子供は、無意識のうちに親に関わってほしい、注目してほしいと思っています。

 

そのため、

良い行動をする→褒められる→注目してもらえた!→また良い行動をする

のサイクルを作ると効果的。

 

逆に、悪い行動にばかり注目すると、また悪い行動をするサイクルになってしまいます。

 

これ、すごく思い当たるところがありました(笑)

 

一人で遊んでいてくれたりすると、これ幸いと家事なんかをしてしまって、構ってあげない。そして、何かいたずらをした時とかだけ止めに行く。

 

正に悪い行動にだけ注目しています。反省です。

実際にどう褒めるか?

「◯◯できたね」

 

行動を褒める。すぐに使えておすすめ。

 

 

「嬉しい」「◯◯してくれてありがとう」

 

その行動で、相手がどういう気持ちになったかを伝える。

 

合わせて、笑顔、拍手、なでる、抱きしめるなどの行動でも伝える

実践例

片付けが出来た!

 →「お片付けできたね!」「片付けてくれてありがとう」

 

ごはんを全部食べられた!

 →「全部食べられたね!」「たくさん食べてくれて嬉しい」

 

上手な叱り方

効果的な叱り方の基本ルール

それは、代わりの行動を伝えること。

 

「ダメって言ってるでしょ!」「ちゃんとして」、よく言いがちですが、これだと子供は本気で何が悪かったか分からないんです。

 

だから問題の行動を止めるのと同時に、どうすればよかったのかを伝えることが重要です。

叱る時のポイント

その場で言う

さっき、と言っても子供は覚えていません。

 

落ち着いた声で言う

怒鳴ったりヒステリックな声で言われると、子供は「わー怒ってるー」という印象だけが残り、言われている内容を理解できなくなります。

 

 肯定表現を使う

思わず「◯◯しない!」と言ってしまいますが、代わりの行動を伝える意味でも「◯◯しよう」と肯定表現を使います。

 

例えば「走らない」→「歩こう」。

 

「走らない」と言われると、「走る」という言葉が入っている為、その部分だけを聞いてしまいます。なので逆に走ってしまい、逆効果

 

とっさに言い換えるのは難しいですが、よくやってしまう行動は言い換える言葉を考えておきたいですね。 

実践例

椅子の上で立ち上がってしまった

 →「座ろうね」

 

お店で走ってしまった

 →「歩こうね」「手を繋いでいこう」

  

まとめ

良いことをしたら、◯◯できたね!と具体的に褒め、良い行動のサイクルを作る。

 

悪いことをしたら、その場で落ち着いた声で、◯◯しようねと代わりの行動を伝える。

 

簡単なようで、やっぱり実践しようすると難しいんだよなー、と思います。

 

私もこの記事のように「できてなーい!」と思う日々です。 

www.comte88.blog

 

少しずつでも実践できるようにしていきたいです。

 

ではまた。