コンテの引き出し

日記は引き出しから見つかるもの。

子供が舐めた充電コードが壊れる原因と対処法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

子供が舐めた充電コードが壊れる原因と対処法

この記事では、子供に舐められた充電コードが壊れないようにする方法を書いています。

 

 

こんにちは、1歳男児育児中のコンテです。

 

スマホの充電コード、気が付いたら子供が口に入れていた。そしてうまく充電出来なくなった

 

その原因、断線ではなくて錆びかもしれません。

 

我が家の息子もコード大好き。危ないからと止めてもいつの間にか手にしていて、舐めて充電出来なくなること3回以上。

 

そこから分かった錆びる原因と、錆びさせない対処法をまとめました。

 

充電コードが壊れる原因と症状

充電コードを子供が舐めたり噛んだりして、充電できなくなる原因は2つ。

断線 と 錆び です。

 

断線する原因は、噛んだり無理に曲げたりすることで線が切れるからです。

 

多くの場合見た目でわかりますし、スマホを繋いでも全く充電できなくなります。

 

錆びる原因は、スマホを繋ぐ先端部分を舐めたことで錆び、通電しなくなるからです。

 

iPhoneの充電コードの場合、接触部分が露出しているのでよく見ると分かります。

錆びた充電コード

本来、金色の部分が黒くなっています

Androidの場合は、typeBもtypeCも接触部分が見えないため確認が難しいです。

 

錆びた時の症状としては、

 

  • 充電できたりできなかったりする
  • 最初は充電できるが、すぐに充電されなくなる
  • 浅く挿すと充電できるが、奥まで挿すと充電できない

 

などがあります。この症状があり、コード部分にダメージが無さそうなら錆びの可能性があります。

 

我が家では、Androidの充電器を買い替えて、3ヶ月も経たないうちにこの症状が現れました。

 

また断線!?と思っていたらiPhoneのコードで同じ症状がでて、錆びだと判明しました・・・。

 

錆びないようにする方法

舐められてしまった充電コードが錆びるのは、濡れたまま通電することで濡れた部分が酸化するからです。

 

なので、錆びないようにするには

 

  1. すぐにコンセントを抜く
  2. よく拭き、乾いてからコンセントに繋ぐ

 

ことが重要です。

 

壊れたコードの復活法

既に壊れてしまった充電コードを復活させることはできるのか?

 

iPhoneのコードなら、見えている接触部分の錆びを落とせば復活します。

 

錆びた充電コード

ここの錆びを削ります

この黒くなった部分をカッターなどで削り取ります。

 

Androidのコードは接触部分に触ることが出来ないため、残念ながら買い換えるしかありません・・・。

 

おわり

そもそも、コンセントに繋いでいる充電コードを舐めると、感電の危険があります。

 

通常の状態であれば、充電器からでてくる電気の電圧は5V程度なので、感電の危険性はまずありません。

 

が、濡れると抵抗値が下がるため、より高い電圧の電気が流れる可能性があります。

 

入浴中に充電中のスマホを使って感電死、という事故は世界中で起きています。

 

言い聞かせて分かるようになるまでは、面倒でも充電する時以外はコンセントから抜き、片付けたほうが良さそうです。

 

我が家でも、今まで何事もなかったことに感謝しつつ、日中は外すようにしました。 

 

 ではまた。