コンテの引き出し

日記は引き出しから見つかるもの。

「やっぱり男の子だね」と言いたくない話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
100円ショップに行った時、(最近乗り物好きだからな~)と思い、乗り物の絵本を買いました。

のりものの絵本

0~3歳向けくらいの本が沢山ありました
でも、楽しそうに絵本をめくる息子を見ながら、(これ、「男の子だから乗り物好き」ってフィルターがかかってないかな?)とふと思いました。
 
先日、実母に「最近、車とか好きみたい」と言ったら「やっぱり男の子やね~」と言われたんですよね。
私自身もどこかで「男の子だから」というフィルターを通して見ていて、色々なものに興味を示した中から「乗り物」を特別興味を示したと見做しているのではないか?
 
性別によるバイアスがかかっている、というか。
 
実際、よく行く子育て支援センターには様々なおもちゃがあり、どれでも自由に遊ばせて貰っています。
車や汽車でも遊ぶし、おままごとセットでもブロックでも滑り台でも遊びます。
 
もし、息子じゃなくて娘だったら。
「最近おままごとが好きみたい」
と言っていたかもしれません。
 
今後、何が欲しいか自分で言えるようになった時。
「男の子なのに?」
も、
「やっぱり男の子だね」
も言わないように。
本人の気持ちを尊重出来るように。
 
フィルターを完全に外すのは難しいかもしれないけれど、フィルターの存在を忘れないようにしたいです。
 
 
ところで、100円ショップって絵本も沢山あるんですね。最近まで知りませんでした。
ミニサイズだけど、持ち運びに◎。 
すぐ口に入れるタイプの子には、心置きなく触らせてあげられるし、もっと早く知りたかったヾ(:3ノシヾ)ノシ
 
 
ではまた。