コンテの引き出し

日記は引き出しから見つかるもの。

子連れ(2歳)旅行記・伊豆(1)伊東マリンタウン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

子供と伊豆旅行(1)伊東マリンタウン

先日、息子が生まれてからはじめて、帰省以外の宿泊を伴う旅行をしてきました。

行き先は静岡の伊豆、伊東~伊豆高原エリアです。

2歳になったばかりの息子の様子や、子連れに嬉しいポイントを交えた旅行記を書きました。

今回は道の駅「伊東マリンタウン」について。

 

 

伊東マリンタウンとは

静岡県伊東市、国道135号線沿いにある道の駅です。

電車だと、JR伊東線伊東駅からバスで5分。

お土産を買ったり食事ができるほか、足湯や日帰り温泉に入ることも出来ます。

そして、今回訪れた目的は2つ。

「海鮮丼を食べること」と、「遊覧船に乗ること」!いざ。

 

昼食に「漁師めし」

 着いたのがお昼過ぎだったので、まずは食事をすることに。

夫の「海鮮丼が食べたい!」という希望で、「伊豆高原ビール」へ行きました。

伊豆高原ビール

ビールと海鮮丼が売りのようです

海鮮丼がメインのお店って、息子が食べられるものはあるのか・・・?と心配していたのですが、キッズメニューがありました。

子ども用の椅子も用意してもらえましたし、ベビーカーで入っている人もいました。

キッズメニュー、おもちゃつき。

キッズメニュー、おもちゃつき。

息子はまだ生物を食べさせていないので、お子様しらす丼を注文。
本当に写真通り、丼の縁まで盛られているので、取皿をもらったほうがいいです。

何も考えずに食べさせたら、ひとすくい目でテーブルの上が大惨事になりました・・・。

 

遊覧船「はるひら丸イルカ号」

お腹を満たして、次の目的である遊覧船へ。

ここの遊覧船はグラスボート型と聞いて、一度乗ってみたい!と思って来ました。

足湯の奥にあるボートセンター棟という建物が受付け。

そちらに近づくと、案内員の方がいて説明してくれました。

この日は、

  • 風が出てきたので、船が揺れると予想されること
  • 船の揺れ具合によっては、沖合で行うカモメへの餌やりができない可能性があること
  • 数日前から天気が悪く、海が濁っている。そのため海中の様子がやや見えにくいこと

など、絶好のコンディションでは無いが構わないか?という確認をされました。

せっかく来たし、少しでも見られればいいかなと思い了承。

建物の中に案内され、チケットを購入しました。

チケット売り場にも海の様子の表示が。この日はイマイチ。

チケット売り場にも海の様子の表示が。この日はイマイチ。

チケット売り場にも、魚の見え具合についての表示が。

また、息子が2歳と伝えたら「揺れると思いますけど大丈夫ですか・・・?」と心配してもらいました。

事前にそういった情報を教えてくれるのって、すごく良心的ですよね。

息子は揺れるの大好きなタイプなのでそのまま乗りました。

 

伊東マリンタウンで乗れる遊覧船は2種類あります。

今回乗ったのは「はるひら丸イルカ号」でした。

その名の通り、イルカの船です。

はるひら丸イルカ号

はるひら丸イルカ号

乗ってすぐ、座席はこんな感じ。

空いているところに自由に座ります。

はるひら丸の座席

はるひら丸の座席

が、海底の様子が見られるのはマリーナを出るまでなので、すぐ下に魚を見に行きました。

(マリーナを出ると浅瀬じゃなくなるので、そもそも魚が見えないからとのこと)

グラスボート部分

グラスボート部分

階段が急なので、息子は抱えて降りました。

あんまり見えない、と聞いていたので1匹でも見えればいいなと思っていたら・・・

実際に見えた海底の様子

実際に見えた海底の様子

確かに透明度は高くありませんが、魚は十分見ることが出来ました。

上の写真だとあまり分かりませんが、数種類の魚が見えました。

息子も「わぁー!」と言ってガラスにべったり張り付いていました(笑)

出発して少し経つと、上に戻るように案内があり、以後はグラスボート部分には入れなくなります。

またマリーナに帰ってくると開いて、停船して降りるまで魚を見ることが出来ました。

 

船の揺れは事前に言われていたとおり、結構揺れました。

そのため、屋上に出てのカモメの餌やりは中止。

ただ、船後方のデッキで餌やりをさせてもらえました。

餌を投げるとカモメが沢山寄ってきました

餌を投げるとカモメが沢山寄ってきました

息子は揺れる船内でもすごーく楽しそうでしたが、私は酔いました・・・。

元々酔いやすいので、バンド型の酔止めをつけていたのですが、後方デッキにでてしばらくしたらダメでした。

こういうやつです↓

 乗り物酔いしやすい人は酔止めの準備を忘れずに・・・!

 

おわり

今回行った、伊東マリンタウンの公式HPはこちら。

ito-marinetown.co.jp

家族連れやカップルも多かったし、ペット連れの人も多く見かけました。

私達は時間の都合で行かなかったんですが、遊歩道なんかがあるので散歩にいいんでしょうか。

 

次回は宿泊した宿について書く予定です。

※書きました。

www.comte88.blog

 

www.comte88.blog

 

ではまた。