コンテの引き出し

日記は引き出しから見つかるもの。

3歳児健診に!家での視力検査キットの作り方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3歳児健診に!家での視力検査キットの作り方

この記事では、3歳児でもできる視力検査キットの作り方を紹介しています。

 

家庭での検査では精度に限界があります。あくまでも目安として利用し、気になるところがあれば医療機関で検査してください!!

 

3歳児健診での視力検査、家でやるの??

息子がもうすぐ3歳になるころ、市から3歳児健診のお知らせが届きました。

3歳児健診って採尿とかあるんだよな、当日うまくトイレいけるかな~、なんて思いながら開けたところ・・・「視力検査・聴力検査は家でやってきてね!」と書かれているではありませんか。

もちろん、「家でできなかった場合は当日検査します」とも書いてありましたが、その場合時間かかるからね!とも書いてあります。

え、家で正確に検査ってできるの・・・?

弱視って早く見つかれば治るけど、6歳とかになると手遅れって前にネットで見た気がするし、不安・・・。

と思いつつ、まずは検査方法を確認することに。 

市から提示された検査方法は難しい

健診のお知らせに同封された視力検査のやり方は、

「離れて視標を見せる。輪の切れ目を手で示してもらうか、視標を厚紙で作って持たせ、輪の切れ目の向きを合わせる方法で答えさせる」。

・・・試してないけど、絶対正確な検査とかできないでしょこれ。2歳児には難しい。

やり方を理解させるまでに、飽きて嫌がる様子が目に浮かぶ。

 

もっと分かりやすいやり方ないかな?弱視は早く見つけないと~の情報を見た時に何か・・・ドーナツ食べたの誰?みたいなやつを見た覚えが・・・

と思って探し、見つけたのがこちら。

www.aigan.co.jp

弱視を3歳児健診で見つける重要性や、子供でもできる視力検査キット「たべたのだあれ」の開発についてお話されています。

これだー!と思ったんですが、この検査キット、なかなかお高い。

フレーベル館 3歳からの「たべたのだあれ?」 視力検査キット

幼稚園などで購入することを想定している、のかな?

家で1回使うために買うのは厳しい。

記事内でも「家での検査には限度がある」と言っているし、家での検査はあくまでも練習。

ということで、検査キットを作ることにしました。

 

検査キットの作り方

用意するもの

  • 空のティッシュボックス 2つ
  • キャラクターのイラスト 4つ

    キャラクターのイラスト4つ

    「いらすとや」さんで借りた画像を使いました
    離れてもわかりやすいように、各キャラクターの色が似ないように選びました。
    ランドルト環をドーナツに見立てるので、生き物がおすすめ。
  • ランドルト環の視標
    3歳児健診用に検査する場合は、自治体から「これで検査してね!」というものが送られてくると思うので、それを使用。
  • はさみ、のり
    工作に使います。

作り方

  1. 空のティッシュボックスの背面を縦に切り、開く(2つとも同じように)

    空のティッシュボックスを切る

  2. 開いたティッシュボックスを、穴が縦横に交差するように重ねて、貼り付ける

    開いたティッシュボックスを重ねて貼る

  3. 穴を中心に、四方にキャラクターのイラストを貼り付ける

    四方にキャラクターを貼る

  4. ランドルト環を裏から穴にあて、全体が隠れずに見えるか確認

    ランドルト環が見えるか確認

 

検査方法を理解させる

「たべたのだあれ?クイズをしよう!」と言って、この動画を見せます。


「たべたのだあれ?」

何度かクイズをやって、ランドルト環の開いた方にいる動物=ドーナツを食べた!というルールを教えます。

理解できたな、と思ったら実際の検査に進みます。

動画より絵本が向いていそうな子には、絵本もあります。

 

視力検査をする

どの距離で・何回みせるか、などは自治体から案内のあった検査方法で行いました。

以下、我が家での体験談です。

 

作ったキットを見せて、「今日はこれで『たべたのだあれ?』しよう!」と言って検査をしました。

自治体から送られてきた視標が、練習用(大)・本番用(小)と2つあったので、まずは大きい視標から。

 

  • 「食べたのだ~れだ!」と言いながら、視標を穴に合わせる
  • 「パンダさん!」「かえるさん!」等、子供が答えたら「じゃあ次は~、たべたのだ~れだ!」と続け、4方向出す。

 

両目で大きい視標、右目を隠して(ティッシュを折ってをテープで貼る)大きい視標、ここまでで子供が飽きたので、中断。

やりかたは理解しているようだった(全部正解してた)ので、翌日小さい視標で両目・左右片目ずつ検査。

結果、全て正解で検査終了しました。

検査する時に注意したこと

子供と視標の距離

きちんとメジャーで測って、床に目印をつけました。

更に、子供が前に出てこないよう、もう一人の大人が子供の横につくようにしました。

視標の向きを変える時、一度隠す

これは自治体からの案内に注意として載っていたので、そのようにしました。

子供が飽きたらやめる

嫌がっているのに無理やりやらせると、正確性が低くなると思ったので、その場合はいったん中断。

翌日以降に改めて遊ぶ雰囲気で誘いました。

 

おわり

視力検査、ルールがわかっていないから間違えるのか、本当に見えていないのかの判断がとても難しいと感じました。

その点、「たべたの誰だ?」を使うと遊びの感覚で何度も試せるので、そのあたりの判断がしやすかったです。

子供も楽しそうにやっていたので、子供が飽きて検査が進まない・・・という方はぜひ、試してみてください。

 

ではまた。