コンテの引き出し

日記は引き出しから見つかるもの。

サンバリア100の帽子レビュー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サンバリア100の帽子レビュー

この記事では、完全遮光の日傘で有名な「サンバリア100」の帽子についてレビューしています。

 

子育て中、日傘を使えないシーンは以外と多いものです。

ベビーカーを押している、荷物が多い、子供と手を繋いでいる。

それ以外でも、子供が走り回れるようになってくると、できる限り両手を空けておきたい方は多いのではないでしょうか。

けれども、普通の帽子だけだと紫外線対策としても暑さ対策としても心許ないですよね。

そんな方におすすめなのが、サンバアリア100の「帽子」です。

 

サンバリア100とは?

紫外線カット率100%の特殊な生地を使用した日傘の制作・販売をしているメーカーです。

焼けない・涼しい・劣化しにくいと評判で、GW頃になると軒並み売り切れになる人気メーカーですが、実は日傘だけでなく帽子も販売しています。

日傘同様、特殊な生地を使用しているため紫外線カット率100%です。

uv100.jp

 

実際に使ってみてのレビュー

暑さに関して

真夏に炎天下の公園で使いましたが、日光による暑さをかなり軽減してくれました

普通の帽子だと、布を突き抜けてジリジリとした暑さを感じると思いますが、それが全くありません

生地に通気性がほぼ無いため、蒸れによる暑さはあります。

内部にポケットがついているので、そこにタオルや保冷剤を入れればより涼しいかもしれません。

が、一度保冷剤を入れてみて被り心地がイマイチだったので実践しませんでした。

 

紫外線に関して

こちらは数値を計測できるわけではありませんが、効果ありと思います。

夏の間に公園に通ったせいで、足に冬が終わる頃になっても消えない日焼け跡ができてしまいました(日焼け止めはこまめに塗っていたつもり)。

が、帽子にガードされていた顔と首周りは、夏の前後でほぼ色が変わりませんでした。

 

商品別のレビュー

オーバル・ハット

オーバル・ハット

オーバル・ハット(サンバリア100公式サイトより)

広いつばで顔だけでなく首・肩・背中までガードしてくれるので、紫外線の他、日光による暑さをかなりブロックできました。

ただデメリットとして、

  • 視界が狭くなる
  • 飛ばされやすい
  • かさばる

などがあります。

とにかくつばが広いので、風が吹くと折れて目の前を塞いでしまったり、風を受けて飛んでしまったりが頻発しました。

庭や公園の中など限られた場所で使ったり、すぐ手で直せる問題ありませんが、被ったまま歩いて移動するには向きません。

そのため、子育て中の方にはあまりおすすめできないと感じます。

とにかく暑さ・紫外線からのガード力を求める方向け。

 

ハット11 + plus

ハット11 + plus

ハット11 + plus(サンバリア100公式サイトより)

つばが広すぎると良くない・・・と分かったので、ラインナップの中でもつばが小さいものを購入しました。

それでもきちんと顔周り、首の大部分はカバーできます。

くるくると丸めてコンパクトに収納できるのも、荷物が増えがちな子育て中には嬉しいポイントです。


おわり

子供が生まれるまでは、そこまで熱心に紫外線対策をする方でもなく、サンバリア100の存在も知りませんでした。

しかし、公園大好きな息子と一緒に外に出るようになり、流石に少しは気を使わないとまずい・・・!というところからこの帽子にたどり着きました。

本当に感じる暑さが違うので、外遊び好きなお子さんがいる方には特に、ぜひ試して頂きたいです。

 

ではまた。