コンテの引き出し

日記は引き出しから見つかるもの。

ヘルパンギーナと手足口病を併発?発症から完治まで

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1歳9ヶ月の息子がヘルパンギーナと診察された後、手足口病の症状を発症しました。

 

発症から完治までの経過と、症状がある間の食べ物について、防備録としてまとめました。

 

 

主な症状

39度の発熱→喉の発疹、手足の発疹

熱は一晩でほぼ下がりましたが、喉と口内の発疹が1週間ほど続きました。

 

食べられたもの

  • 豆腐
  • バランスキューブ緑
  • ジュレタイプのイオン飲料
  • おじや
  • 白米(おにぎりも)
  • 具なしの茶碗蒸し
  • カボチャのポタージュ

 

全て冷ましてから。

バランスキューブは生協で扱っている冷凍食品で、離乳食の頃から愛用しています。

気になった方はこちらの記事に書いているのでぜひ。

www.comte88.blog

 

 

発症から完治までの経過と、食事の記録

1日目

18時頃、39度の発熱。

ずいぶん呼吸が荒いな?と思って測ったら39度で焦る。

病院は間に合わず、熱が高い以外は元気だったため、自宅で様子見することに。

 

【夕食】

ミニトマトとバナナを少し食べる。

かっぱ巻きは食べずに残した。

 

2日目

朝一の体温は37.2度。

ほぼ平熱だったため、通常の食事を用意してしまう。

 

10時頃小児科を受診。この時の体温は38度。

「おそらくヘルパンギーナ。この後手足に発疹が出てくれば手足口病」とのこと。

喉に大きな発疹が出来ていたため、薬をもらう。元気な様子だったので解熱剤は無し。

トマトや柑橘類はしみるので避けた方が良いそうで、朝泣いたのは多分そのせい。

 

夕方、再び37度まで下る。

お風呂で腕や太もも、お尻に発疹が出ているのを発見。手足口病だった?

痛がったり痒がったりする様子は無し。

 

【朝食】

トマトを食べて泣く。

おにぎりを少し食べる。

ジュレタイプのイオン飲料はおいしそうに食べた。

 

【昼食】

豆腐+バランスキューブ緑、カボチャのポタージュ、ヨーグルト、ジュレイオン飲料。

処方されたシロップは拒否…。 

 

【夕食】

冷ましたおじや、豆腐の味噌汁

 

3日目

熱は36.4度まで下がる。以降、発熱は無し。

 

【朝食】

おじや、バナナヨーグルト、カボチャのポタージュ

まだ食べたい、とバナナを要求。

まだそのままだと無理では…と思いつつ渡してみると、案の定一口食べて泣く。

 

【昼食】

パン粥、人参ゼリー、茶碗蒸しは拒否。

玉子焼とおにぎりを沢山食べる。

 

【夕食】

おにぎりを沢山食べる。

カボチャサラダとキュウリはそれぞれ一口食べて拒否。

 

4日目

足の裏、足の指にも発疹が出てくる。やっぱり手足口病だった様子。

こちらの発疹も痛み・痒みは無さそう。

 

【朝食】

茶碗蒸しとおにぎり、キャンディチーズを食べる。

カボチャサラダは拒否。

【昼食】

白菜入りのおじや、豆腐、バナナヨーグルト 

【夕食】

白菜と鮭入りおじや、豆腐、白米。

 

5日目

見える範囲では口の中の発疹は消えていたが、昼食のうどん半分食べた辺りで泣き出す。

が、まだ食べたいらしく泣きながら食べる。

 

【朝食】

鮭入りおじや、人参ともやし炒め

 

【昼食】

うどん、バナナヨーグルト、チーズ

 

【夕食】

中華丼

 

6日目

まだ手足に発疹の跡はあるが、食べ物は通常通り食べられるようになった。(トマト、パンも食べた)

元気もあるし、ほぼ完治。 

 

おわり

息子は熱を全然出さない&食べ過ぎを心配するくらい食べるタイプなので、突然の発熱と食べない様子にかなり焦りました。

(後から考えると、食欲が無いのではなくて、食べたいのに痛くて食べれない、と泣いている感じでした)

 

流行っているとは知っていたけど、保育園とか行ってないしなー、とどこか他人事に考えていたのを反省。

 

 

あと、用意したものを全然食べてくれない、という離乳食期によく聞く悩みを持つお母さんの気持ちが少し分かりました。

ほんと、想像以上に辛い。これを毎日ずっとやってる人は本当に尊敬。お疲れさまです。

 

ヘルパンギーナも手足口病も何度もかかる可能性があるので、手洗いで予防が大事ですね。

 

ではまた。